お店の看板はひとつじゃありません

店内の看板について、極論を言えば、店の中にあり、お客様の目に止まるありとあらゆるものが看板になりえます。
このようなものを「ショップアイテム看板」といい、お店のコンセプトにあったデザインで書くアイテムを統一させることによって、お客様に強い印象を残すことができます。

ショップアイテム看板の一例

ショップアイテム看板は店にあるありとあらゆるものが含まれます。
一番分かりやすいものといえば、従業員が着ているユニフォームですが、ほかにもお持ち帰り用の袋や包装紙、マッチやライター、割りばしなど、店の名前やロゴマークを入れるだけで簡単にショップアイテム看板になります。
実際、ある有名な老舗和菓子店では、包装紙を見ただけでその和菓子屋の商品であることがわかりますが、これは包装紙というショップアイテム看板の宣伝効果が発揮されている実例です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上手なショップアイテム看板の作り方

ショップアイテム看板は、必然的に絶えずお客様の目に止まるものであるので、強く印象に残るようにシンプルかつ特徴的するのがコツです。
特に、Rフレーズを書きこむことは不向であり、店の名前やロゴマーク、イメージカラーなど瞬間的に理解できるものにするのがお薦めです。
また、そのわずかな情報の中に自分たちの目指しているものや店のコンセプトを反映させ、意味を込めて作りこんでいくとより印象に残るショップアイテム看板になります。
色やデザインをいろいろ組み合わせて、よりメッセージ性の強いショップアイテム看板を作り出してみてください。